VOICE

モリオカグループのひと

VOICE - 01

営業

お客様のお困りごとや課題を
アイデアで解決する仕事
大学卒業後、建設関係の会社に就職しましたが、「自分がやりたい仕事とは違うのではないか」と悩むようになり、思い切って地元の和歌山県から愛知県へ。転職活動を行う中でモリパックスと出会い、一品一様のモノづくりに惹かれて入社しました。モリパックスにおける営業職は原則として、はじめに現場経験を積むのが特徴です。私の場合は技術畑が性に合っていたのか、結果的に長くなって、7年ほど金型製作と製品設計に携わった後に営業部へ異動になりました。現在は、金型と設計の知識をフル活用して提案営業に奔走する毎日。「包む・運ぶ・護る・装う」に関するお客様のお困りごとや課題を伺い、それらを解決するオリジナル製品を生み出しています。たとえば、あるメーカー様からは「現状、曲げた状態で梱包しているワイヤー製品を、真っ直ぐの状態で梱包できるようにしたい」とのご相談を受けました。そこで、私は当社のプラスチックトレイと、協力企業の発泡品を組み合わせた複合型製品を、自ら設計図を起こしてご提案。納期やコスト、使い勝手、安全性など、いくつもの壁を乗り越え、無事に納品できた時の達成感は今でも忘れられません。自分のアイデアが形になり、お客様ビジネスに貢献できる手応えと喜びは、この仕事ならではの醍醐味だと思います。社歴でいえば中堅クラスになったものの、営業職としてはまだ2年目。素材のことなど、もっと勉強を重ねて提案の引き出しを増やしていくこと、そしていずれは部門をリードする存在になることが今の私の目標です。

VOICE - 02

技術

モノづくりの楽しさや
やりがいを実感する毎日
以前は異業種で働いていたのですが、子どもの頃から興味のあったモノづくりへの思いが募り、職業訓練校でCAD/CAMの勉強をして転職活動に臨みました。モリパックスを選んだのは、説明会に参加した際にアットホームな雰囲気を感じたから。採用担当の方が会社の強みや具体的な仕事内容について丁寧に教えてくださり、入社後のリアルなイメージが描けたこともプラスになりました。現在は、抜き型(トムソン型)の仕上げ工程をメインに担当しています。抜き型とは、真空成形で成形された製品の外形等をくり抜いて完成形に仕上げるための治工具。モリパックスの技術とノウハウが多く詰まっていて、お客様製品ごとに一つひとつ、図面を見ながら手作業で仕上げていきます。細かな作業が多く、集中力を要しますが、完成したトムソン型が実際に製造ラインで使われているのを見ると、特別な気分に。モノづくりの楽しさややりがいが味わえます。入社前に抱いた印象の通り、モリパックスは職種や年齢などの壁がなく、社内のコミュニケーションがとても活発。私もわからないこと、もっと知りたいことがあると、先輩方に質問するのですが、どんなに忙しくても手を止めて温かく教えてくださるので、安心して仕事を進めることができます。最近では仕上げの前工程である刃物加工など、携わらせてもらえる仕事の幅が増えてきました。とはいえ、先輩方の熟練した職人技には当然のことながら、まだまだ及びません。これから地道に経験を積んで、いつか「抜き型のことは彼女にまかせれば安心」と社内で認めてもらえる存在になりたいです。

VOICE - 03

製造

女性も活躍できる場所が
たくさんある会社です
モリパックスに入社したのは1人目の子どもが5歳、2人目の子どもが3歳になった頃です。それまで5年間、専業主婦をしていましたが、家族の将来を考え、一念発起。当時新しく立ち上がったばかりの稲沢工場で準社員を募集していることを知り、私もここでがんばってみようと思いました。「女性が製造業の現場で働く」と聞くと、大変そうなイメージを持たれるかもしれません。でも、モリパックスには、女性も活躍できる場所がたくさんあります。たとえば私が担当しているブリスター加工は、お客様のさまざまな商品を、店頭でよく見る透明なプラスチックで覆われたパッケージに組み立てていく仕事で、女性らしい細やかさや手先の器用さを発揮することができます。加えて私は約20名のパートさんへの作業指導やシフト管理も担っているので、責任重大。常に品質と納期の遵守を念頭に置いて業務に取り組んでいます。気がつけば入社20年目。周りの環境に恵まれ、やりがいを感じながら楽しく仕事を続けてきました。そんな毎日の取り組みを振り返る時、「モリパックスに入ってよかった」と実感します。いま女性が仕事と家庭を両立することは当たり前になりつつありますが、「働きやすさ」は会社によって異なるのではないでしょうか。その点、モリパックスは「困ったときはお互いにフォローし合おう」という企業文化がしっかりと根付いていて、実際に私もさまざまな場面でみなさんに助けていただきました。仕事も家庭も大切にできるモリパックスを、さらに魅力的な会社にしていく一助となることが今後の目標です。どうしたらチームメンバーがもっと作業しやすく、もっと効率よく、もっと生き生きと働けるか。その答えを求めて、私らしくがんばっていきたいと思います。